オンラインカジノが原因での借金は自己破産できるのか?

オンラインカジノは現在では、ギャンブルの中でも特別な位置にあり、賭博法にも引っかかりません。日本では、ギャンブル自体が違法行為です。

そのため、オンラインカジノによる自己破産も特別ケースとして扱われます。結論から言ってしまうと、現段階では自己破産として扱うことができるようになっています。

  • 自己破産
  • 返済免除
  • 裁量免責
  • 面責不許可事由

このような用語の解説とともに、オンラインカジノのでの破産の違法性について説明していきたいと思います。

勝ちやすいおすすめオンラインカジノ

勝ちやすい人気のオンラインカジノはどこなのか!?

👑勝ちやすいおすすめオンラインカジノ

>【公式】ベラジョンカジノ
登録で30ドル進呈!日本で一番人気のオンラインカジノ!日本人プレイヤーは10万人以上との噂。

>【公式】クイーンカジノ
登録後にサポート申請で30ドル進呈!銀行振込で直接入金・出金できるオンラインカジノ。

>【公式】ビットカジノ
登録後にサポート申請で30ドル進呈!銀行振込で直接入金できる便利なオンラインカジノ。

 

ギャンブルでの借金は自己破産にできるのか?

まずは、ギャンブル全体での話をしたいと思います。

一般的には、ギャンブルが原因での破産は自己破産にできずに違法である、というように言われています。ですが、実際のところは裁判官の裁量面責によって、自己破産として認められるケースがいくつかあります。

自己破産とは?

自己破産とは、裁判所に申立をして免責決定を出してもらうことです。そうすることで、借金の支払義務が無くなります。簡単に言ってしまうと、借金を帳消しにできるわけです。

全ての借金の支払い義務がなくなるという強力な効果がありますが、もちろんいくつかの条件があります。

その条件の中でメインになるのが、面責不許可事由というものになります。

面責不許可事由とは?

面責不許可事由は,破産法第252条第1項各号に定められています。

裁判所は,破産者について,次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には,免責許可の決定をする。

(1)債務者の財産を不当に減少させる行為
(2)不当な債務負担行為
(3)特定の債権者に利益があるように支払いをする行為
(4)浪費やギャンブルによる借金
(5)詐術による信用取引
(6)帳簿を隠すこと
(7)うその債権者名簿を提出する
(8)裁判所への説明を拒絶したり、うその説明をしたりする行為
(9)管財業務を妨害する行為
(10)過去7年以内に免責を受けたことがある場合
(11)破産法上の義務違反行為

引用元:リーガライフラボ | 免責不許可事由とは?該当すると自己破産できないって本当?

これらのことが該当するのですが、上記のようにとても複雑になっているので弁護士や専門家への相談が後を絶えません。

そして、重要なのはギャンブルも面責不許可事由に当てはまるということです。つまりは、破産法から判断した場合は、ギャンブルでの破産は自己破産にはなりません。

裁判官による裁量免責

オンラインカジノが賭博罪に適用されるか

ギャンブルをしただけで面責不許可事由と認められてしまうと、色々と不便なケースがあります。例えばですが、ギャンブルは少額で本当の破産の理由は別にある場合ですね。

こういったときには自己破産として扱えるようにするために、裁判官には裁量免責が認められています。これは、裁判官が総合的な状態から自己破産かどうか判断するというものです。

ここまでのことをまとめると、ギャンブルをしていても弁護士や賭博のレベルによって違法にはならないことがある、ということになります。

それでは、オンラインカジノの場合はどうなのでしょうか?

オンラインカジノでの借金は自己破産にできるのか?

まず、押さえておきたいのが、オンラインカジノの国内利用は賭博法に引っかからないということです。

おそらく、日本にはカジノが存在しないという理由ですが、日本国内のオンラインカジノは許可されています。2016年にオンラインカジノを利用して逮捕されるという事件があったのですが、結果的には不起訴判決になりました。

今までは、オンラインカジノはグレーゾーンという認識だったのですが、この裁判によってオンラインカジノの利用は合法であるということが認められたことになります。不起訴、というのは実際は全くのおとがめなしということですからね。

そのため、現状ではオンラインカジノによる破産は、自己破産として返済免除できる可能性があります。よっぽど多額な借金や実情が悪質でない限りは、自己破産にすることができます。

日本でカジノができると今後はどうなるのか?

2018年最新、カジノ法案が具体的に決定

問題なのは、これからの話になります。

最近、日本でもカジノ法案が進みカジノを設置するという動きが活発になっています。そうなると、日本国内でのオンラインカジノ利用は違法になってくる可能性が出てきます。

統計の話になってきますが、カジノが実際に設置されている国では、オンラインカジノの利用が違法になるケースが多いです。これは、カジノの価値を高めるためだと思われます。

そのため、現在の日本にはカジノがないのでオンラインカジノが合法になっていますが、これからどうなるのかは全くの未知数になります。

元より、オンラインカジノが賭博法違反になるかどうかは非常に曖昧でした。もし、今後カジノが設置され、オンラインカジノが違法になるようなことがあれば、自己破産として扱われなくなる可能性が出てきます。

「自己破産があるから大丈夫」という考え方は絶対にしないようにしましょう。

オンラインカジノで勝率を上げるには!?そもそも勝てるものなの?

リアルマネーを賭けるオンラインカジノってそもそも勝てるのでしょうか!?

そう思っているあなた!若干でも勝率は上げることができるんですよ。

この記事で取り上げる内容としてオンラインカジノは勝てるギャンブルなのか、また勝率を上げるためには、そして他のギャンブルとの違いなどについて解説していきます。

当サイトが選ぶオススメのオンラインカジノ
登録ボーナス30ドルプレゼント
ベラジョンカジノ
登録ボーナス10ドルプレゼント
インターカジノ
登録ボーナス30ドルプレゼント
チェリーカジノ

 

そもそもオンラインカジノって勝てるギャンブルなの?

オンラインカジノは勝ちやすいギャンブル

確かに疑問に思う人もたくさんいるかと思います。プロであれば勝って利益にしている人もいますし、立ち回りが下手な人は負けてしまってさらに熱くなって資金を投じて勝負するでしょう。

結論から言えば、勝てる人は勝てるのです。

勝てる人は負けを知ってこそ、勝率を上げるために努力して勝って利益にしているのです。詳しくは後述で説明するとして、オンラインカジノ以外のギャンブルではどういった形で勝つのでしょうか?

まずは他のギャンブルで勝率を上げる方法について考えていきましょう!ちなみにギャンブルの還元率と控除率については下記参考ページをご覧ください。

 

競馬の場合

オンラインカジノは勝てない

競馬の場合だと、馬券の買い方によって当たりやすさが変化します。単勝がもっとも当てやすいですが配当は低く、逆に3連単はもっとも当てにくいですが配当が一番高くなる購入方法です。

また大手の競馬予想紙などで本命(一番評価)◎や対抗(二番手評価)○、単穴(三番手評価)▲などに独自の記号で表している要素も多少は参考になります。

普通に考えればその評価通りにレースが行われて結果も伴うので、単勝狙いであれば勝つことは十分可能です。一部例外を除けば予想とは大きくかけ離れたレース結果になれば大穴という100円が100万円に化ける万馬券になることもあるのです。

こういった要素を加味しながら独自に馬券を購入してレースの結果を見守ることになります。要は購入方法と事前予想、独自に積み上げてきた『勘』、勝率アップはこれに尽きますね。

 

パチンコ・パチスロの場合

パチンコ・パチスロの場合だと台選びが勝率を大きく左右します。

別途パチンコの場合はへそ釘を狙ってスタートチェッカーにうまく入れる技術や、スロットの場合はビダ押しという1コマのずれも許さない完ぺきな動体視力が必要で、ボタンを押すタイミングの技術が勝率アップのために求められることもあります。

今回はそれを無視して考えると、パチンコやスロットの『設定』を予想しつつ、今のどのくらいこの台が【回っている】か、またスランプグラフが閲覧できるパチンコ店においては『波』の上下を判断してその台でプレイするかどうかを決めます。

さらにスロットの場合は『天井』がある台でプレイする際に天井ゲーム数近くまでボーナス終了後から通常プレイ回数を見極めた上でプレイするかどうかも決める必要があります。天井を狙うハイエナと言われるプロモ存在します。

毎回コンスタントに勝っているパチプロは、天井近くの台だけを拾って勝負するハイエナが多いですね。これらの要素がうまくかみ合った場合、個人的には勝率は5割どころか7割以上は行くと思います。

そしてパチンコ・スロットにおいては初当たりのヒキも重要ですが、さらに重要なのは『ノビ』です。いわゆる連チャンしなければ投資金額を差し引いて特殊景品と交換して現金化する上で利益になりませんのでね。

つまりパチンコ・スロットにおいてこれらの要素と戦略を持ち合わせていれば、勝率はアップし勝ち続ける事も可能なわけですよ。実際にパチンコで生活しているパチプロというのも沢山存在します。

 

オンラインカジノは一番勝ちやすいギャンブル

他のギャンブルと還元率の比較ができるように、冒頭で参考ページを載せていますがご覧になりましたか?

>>オンラインカジノは勝てるのか!?他のギャンブルと還元率を比較

これを読むと分かるように、オンラインカジノは他のギャンブルと比較しても還元率が95%以上と高いので勝ちやすいのは事実です。ギャンブラーにとって、これほど朗報なことは無いですよね!勝ちやすいと分かれば、勝率アップするコツも試そうという気にもなりますし(笑)。

こんな勝てるギャンブルで楽しんでも大丈夫なの?という心配は不要!

ベラジョンカジノなど、検索して出てくるオンラインカジノは《ライセンスを取得している》ので信頼性・安全性ともに問題ないからです。公式ページの下部に必ず記載されているので、安心して遊ぶためにはチェックする癖を付けて下さいね。

 

オンラインカジノで勝率をあげる方法はあるのか!?

オンラインカジノで勝率を上げるには、数十種類のゲームジャンルとそこから細分化すれば数百種類にも及びます。どのゲームジャンルを選択して勝負するかを絞ることによって勝率アップが期待できます。

では勝率アップするためにはいったいどうしたらよいのでしょうか?

 

ビデオスロットの場合はボーナスが直前だとわかる機種であればベット金額を上げて勝負

Double Dragons(ダブルドラゴンズ)
ベラジョンカジノで検索するときは上記アルファベットをコピペすればプレイできます。

[voice icon=”https://tsubame-sanjo-messe.jp/wp-content/uploads/2018/03/514709.jpg” name=”かじの先生” type=”r “] オンラインカジノのスロットには、レベル上げというか、経験知的なものを積み上げていくものがあります。そのようなスロットで勝負すると勝率アップできます。 [/voice]

通常、ビデオスロットの多くはいつ大当たりが来るかわからないので、一定のベット数で賭けてスロットを回すと思います。

一例を申し上げますと、ダブルドラゴンズの場合、通常ゲームにおいて右側にあるレッドドラゴンやブルードラゴンが活躍するドラゴンヘッドを9つ集めることを目指します。

最初はコインバリューを最低の状態にして回し、どちらかのドラゴンヘッドが8つになったら実質的なボーナスに王手がかかった状態になります。

そこで勝負に出る人は、コインバリュー及びペイラインと最大ベット数の関係からして賭け金を125まで引き上げて勝負します。

理論上はそこから早い段階でボーナスに突入すれば大もうけできることになるわけです。

ただ、必ずしもすぐにリーチ状態にあるドラゴンヘッドが来るわけではないので、そこは本当に『賭け』をするということになります。

 

ルーレットの場合だと『ベアビック法』が一番勝率が高い

ルーレットで勝率を上げるベアビッグ法

ベラジョンカジノなどで採用されているヨーロピアンルーレットだと00という数字がないので0だけです。

その場合だとこのベアビック法が有効です。ベアビック法とは0以外の全ての数字に1枚だけチップを賭ける方法で、配当は36倍です。

35か所に賭けて行いわかりやすくいうと、それぞれ1ドルずつ賭け35ドル使用し、当たったら36ドルで返って来る方法なので成功するたびに1ドルずつ儲けることができます。

やり方としては前回1のところにルーレット玉のポケットが入ったとしたら、同じ数字にまた入る確率は0を含めると37×37で理論上は1/1369なのでほぼないです。

しかも負ける確率は1回の施行で2/37、つまり5.4%なのです。

理論上18回まで続け19回目にハズるとするのなら、先ほどの例でいきますと18ドルまでなら儲けることが可能ってわけです。

ただ、失敗すると35ドル失うことになりますので、ほぼ毎回ローリターン時々ハイリスクって感じですね。

賭け方によっても勝率アップが期待できる

賭け方によっても勝率アップが期待できます。

一例を申し上げて『10パーセント法』だと、現在持っている資金の10パーセントずつをベットしていく賭け方で、日本円で持ち金10,000円のうち1,000円賭けてオッズが2倍で当たったら12,000円になります。

今度は1,200円賭けて行うことになります。

この賭け方であれば一進一退の攻防が続いた時(勝率が50%なら)に確率の乱数で3連敗や3連勝なんてざらにありますので、それを利用した方法です。

つまり5連勝して1度負けたらそこで撤退すればその分は利益になるという考え方なわけです。1つの必勝法といえます。

 

もっと簡単な勝率アップのコツを伝授!

オンラインカジノはトランプゲームの方が勝率が高い

これまで読んで下さった人の中に、ちょっと難しいな‥と感じた人が居るのではないでしょうか。ベット金額を上げたり・ルーレットでベアビッグ法を使ったり‥と、ちょっと専門的な方法ですからね。

この項目では、もうちょっと簡単に勝率をアップするコツを紹介していきます!ほんの少しのことで、勝つ確率は確実に増えていきますよ◎まずは、ここから始めてみて下さい♪

迷ったら、ブラックジャック一択!

オンラインカジノでも、沢山のゲームがあるのでどれで遊べば勝ちやすいのか?気になりますよね。そんな時は、ブラックジャックを選びましょう!相手もディーラーで、プロプレイヤーでは無いので初心者の人でも遊びやすいですしね。

何と言っても。胴元が勝つ確率=ハウスエッジが1%以下と、プレイヤー有利のゲームだからです!勝率アップのためにはプレイヤーが勝ちやすいゲームで遊ぶ!ことが、基本中の基本となります。

条件があるので、ボーナスは受け取らない

デモゲームの他にも入金不要ボーナスを受け取ってプレイすれば、無料で遊べます。この他にも、ほとんどのオンラインカジノで、入金した金額に応じて何%かが貰える「入金ボーナス」が用意されています。

もし100%なら100ドル入金したら+100ドル=軍資金が2倍に増えるため、貰った方がお得なのでは!?と思うでしょう。確かにこのボーナスを大いに活用することも、必勝法の一つではあります。

しかし、この入金ボーナスを受け取ることで換金するために条件が発生するんです。

例えば、ベラジョンカジノ。ボーナス額の20倍をベットしないと出金できません。100ドル受け取れば、2,000ドル以上賭けないとダメなんです。一度では無く、累計で良いとは言え‥もし勝ったとしても、ベット条件を満たす時に勝った分がチャラ‥なんてことに成りかねないんです。

オンラインカジノ内で勝ちやすいゲームはどれ?

プレイヤーが勝ちやすいゲームとして、ブラックジャックを挙げました。他のゲームのペイアウト率もここで確認しておきましょう。オンラインカジノは、TSTやeCOGRA(イーコグラ)などの第三者機関から定期的に監査を受けています。

そしてこの第三者機関は各オンラインカジノのペイアウト率を公表しているんですよ。確認できたいくつかのオンラインカジノサイトのペイアウト率を、各ゲームごとの平均値で紹介します。

・スロットゲーム:約95.5%

・テーブルゲーム:約97.3%

・ポーカー:約96%です。

eCOGRA(イーコグラ)で公表されていた数字なので、全てのオンラインカジノに当てはまるわけではありませんが‥やはりブラックジャックが勝ちやすいと言った通りに、テーブルゲームの還元率が一番高いですね!公表していないところは、もっと低いでしょう。

 

さらに勝率を上げるためにはバーチャルプレイで経験を積んでおく

オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の登録方法、手順

[btn class=”rich_green”]>【公式】ベラジョンカジノ[/btn]

ここから登録すると$30獲得

ベラジョンカジノではデモゲームで遊ぶことができます。勿論、デモゲームなので無料ですしお金を賭けることはできません。

いきなりベラジョンカジノにアカウント登録して本格的にカジノを楽しむためにリアルマネーを入金するよりは、まずバーシャルプレイで経験を積んでおいた方がクセやコツなどがわかります。

バーチャルであればいくら資金を使い果たしてもリアル世界に影響はありませんので…。

ただ、リアルな興奮は味わう事はできないので、少しだけでも小さな金額を賭けた方が面白さはあると思います。

 

リアルマネーを突っ込んで爆死するよりは、はるかにましな選択

当然って言えば当然ですが、何も実績すらなくいきなりオンラインカジノデビューして右も左もわからないまま投資して失敗し爆死するよりはバーチャルで経験を積んだ方が何千倍もましです。
だって、勝って利益にしないと意味ありませんからね。

デモゲームではちょっと物足りないと思えば、入金不要ボーナスのあるオンラインカジノを転々と遊び歩くのもアリかと思いますよ。

万が一、入金不要ボーナスで大きな大当たりを引ければ出金条件を満たすことでリアルマネーになります。

今すぐ実践可能!勝利者になるために

バーチャルゲームで腕試しと言うか慣れることは非常に大切なポイントとも言えます。勝率をアップしていく=勝利者になるために、今すぐできることが他にもあるので記載しておきますね。心がけという感じでしょうか、勝ちやすいからといって過信はNG×です。

予算を決めて遊ぶ

オンラインカジノで勝ちたいと思う人は、まず予算を決めてから遊びましょう。つまり『ここまでなら賭けても良い』という金額です。予算内で勝てば儲けものですし、負けたとしても予算以内に収まれば損失額を少なくすることができるからです。

負けるとどうしても意地になってしまいますが‥実際のパチスロ店で考えてみて下さい。必ず店舗の隣に、“カードローン契約機”があります。次は勝てる!と根拠のない自信を持つ人が、お金を借りるので成り立っているんです。こうなると、もうドツボにハマりますね。

機械に支配されていることを知り、自分を律する

ちょっと厳しい言い方になって申し訳ないですが、パチスロ店もオンラインカジノも‥機械(コンピューター)に支配されていることを念頭に置いておきましょう。

もちろんオンラインカジノでは、言ったように第三者機関が不正が行われないようにチェックしています。しかし、あくまでも相手は機械です。一喜一憂せずに、負けたとしても冷静に‥自分を律してプレイすることが大切です。

 

【まとめ】オンラインカジノで勝率を上げるには!?そもそも勝てるものなの?

オンラインカジノで勝率を上げて勝つことは可能です。
その為には負けを知って経験を積み、プレイするゲームジャンルを選び一定の賭け方をしながら実践することが勝率アップの近道だと考えます。
他にも勝率アップの為に取り組むべき方法はありますので、自分に合った方法で実践するとよいですよ。

オンラインカジノは安全?! 危険性も知っておこう!

オンラインカジノはいつでもどこでもスマホで楽しめますが、その反面「イカサマされて勝てない=安全では無いのでは?」と心配になることもあるはずです。

この記事では、【オンラインカジノは安全?!危険性も知っておこう】ということを解説しています。

 

安全なおすすめオンラインカジノ

日本で安全にプレイできるオンラインカジノはどこなのか!?

[box class=”blue_box”]

👑安全なおすすめオンラインカジノ

>【公式】ベラジョンカジノ
登録で30ドル進呈!日本で一番人気のオンラインカジノ!日本人プレイヤーは10万人以上との噂。

>【公式】クイーンカジノ
登録後にサポート申請で30ドル進呈!銀行振込で直接入金・出金できるオンラインカジノ。

>【公式】ビットカジノ
登録後にサポート申請で30ドル進呈!銀行振込で直接入金できる便利なオンラインカジノ。

[/box]

 

安全なオンラインカジノの見分け方や特徴を紹介!イカサマできないようになっている

安全なオンラインカジノの見分け方や特徴を紹介!イカサマできないようになっている

まず第一章では、安全にプレイできるオンラインカジノの見分け方・そしてその特徴を紹介します。

これを基準にしてオンラインカジノを選ぶことで、危険なところを回避できることにも繋がるので必見です!逆を言うと、これらを満たしていないところ=危険とも判断できますね。

この特徴があるオンラインカジノならば、絶対にイカサマはできないようになっているので「安全に」遊べるというわけです。

 

世界各国政府が発行しているライセンスを所持

世界各国政府が発行しているライセンスを所持

オンラインカジノはどこのサイトも(ほぼ100%)海外にある会社が運営しています。つまり、サーバーは海外にあります。

日本国内の会社で運営されているわけではないので不安もあるかもしれません。しかし、このタイトルのように安全と言われるオンラインカジノは必ず《政府から発行された国際ライセンス》を取得・所持しています。

オンラインカジノサイトだけで言えば世界中に2,000以上はあると言われていますが、その中でも国際ライセンスを取得しているのはほんの一握りにすぎません。

ですので、国際ライセンスの有無だけで安全性・信頼性ともに高いと判断することができます。

なお、万一オンラインカジノが日本国内で運営されている場合は、完全に賭博罪の対象で違法なギャンブルとなってしまいます。反社会的勢力がかかわっている可能性もあり、非常に危険です。

日本で運営していると謳っているオンラインカジノがあっても、絶対に利用しないようにしましょう。

ライセンスの発行には厳しい審査が!

ライセンスの発行には厳しい審査が!

ライセンスを持っていれば安全‥何となく分かるけど、いまいちピンと来ていない人のために「ライセンス発行についての厳しさ」を説明します。

実はこの政府発行のライセンス、取得するには相当厳しい審査をクリアしなければなりません。
[box class=”blue_box”]

  • ソフトウェアの公平性が保たれているか?
  • 適切な経営で運営されているのか?
  • 運営資金は十分にあるのか?
  • 反社会的勢力(マフィアなど)とのつながりを排除する仕組みがあるか?
  • イカサマ防止の仕組みがちゃんとしているか?
  • マネーロンダリングや不正防止の仕組みが徹底されているか?

[/box]
などなど、国によって異なりますが、こういった基準を満たしているかのチェックが入ります。

全てクリアしてはじめてライセンスが取得できるというわけです。ライセンス発行料も必要ですし、審査を受ける費用やライセンス発行料も必要ですし、発行後も定期的に抜き打ち検査されます。

一度ライセンスを取得した後も、審査によって安全性が確認され続けるわけですね。

ライセンスを発行している国一覧

ライセンスを発行している国一覧

オンラインカジノサイトに対し国際ライセンスを発行している国は、約20か国以上あると言われています。その中でも審査が厳しい=信頼性の高い政府を紹介します。

[box class=”blue_box”]【マルタ政府・ジブラルタル政府・イギリス(UK)・キュラソー政府・オーストラリア・カナワキ(カナダ)・マン島(英領)・カガヤン政府(フィリピン)】[/box]
これらの政府から発行されているライセンスを取得しているカジノサイトであれば大丈夫でしょう。

先ほどライセンス発行料について触れましたが、発行料を支払えば審査なしでライセンスを発行!している政府も存在するので、きちんと知識として頭に入れておきましょう。

危険なオンラインカジノを見分けることに繋がります。

なお、オンラインカジノが取得しているライセンスは、利用規約などに記載があるほか、公式サイトにあるライセンスマークの画像から分かります。

例えば、ベラジョンカジノの場合は、ページ下部に「マルタ政府によるMalta Gaming Authorityの規制ならびに下記ライセンスの発行と認可を受けております。 登記番号: MGA.B2C/169/2009」と明記されています。

さらに「ライセンス」の部分に表示されている「mga」のライセンスマークをクリックすると、マルタ政府のMGAがベラジョンカジノに与えているライセンスの詳細を確認可能です。

利用したいオンラインカジノがある場合は、一度公式サイト内の表記とライセンスマークも確認しましょう。

過去には、ライセンスを取得していると主張していながら、実際には無ライセンスで営業されていたオンラインカジノもあったようです。そのため、しっかりライセンスマークまで確認することが特に重要です。

 

独立した第三者機関の監査がある

独立した第三者機関の監査がある

上記で、発行後も定期的に抜き打ち検査されると言いました。この抜き打ちの検査には、ライセンス発行元の政府以外に、第三者機関からの監査・監視もあります。

オンラインカジノは“RNG”と言われる、ディールするカードやジャックポットの抽選などカジノゲームには欠かせない乱数生成プログラムを導入しています。

公平公正でランダムな結果が起こるようにする、いわばカジノゲームの「根幹」になっている部分ですね。

このプログラムが、運営するカジノ側にとって良いように書き換えられていないか・払い戻し額を少なくしてプレイヤーに不利な状況を作っていないかを、第三者機関はしっかりとチェックしています。

これにより、運営側はもちろんユーザーもイカサマなんて出来ませんし、《私たちは公平・公正なゲームを提供している》という(カジノサイトの)証明にもなるのです。以下が信頼できる第三者機関です。

 

eCOGRA Safe&Fairの認証バナー

eCOGRA Safe&Fairの認証バナー

eCOGRA(イーコグラ)は、オンラインカジノがもっと社会的に信頼できるようにと設立された第三者機関です。

この認証バナーがあるオンラインカジノは、プレイヤー保護の仕組み、公平なゲーム、責任ある行動など、eCOGRAが定めている厳格な審査・基準をすべてクリアしています。

特に、“運営資金”に関してかなり切り込んで審査されるようで、勝ったのに出金できないという財務状況のカジノサイトはまずイーコグラからOKが出ません。

また、eCOGRA認定のオンラインカジノでトラブルが発生した場合は、eCOGRAがプレイヤーとカジノの間に立って仲裁を務めてくれます。残念ながら日本語での利用はできませんが、もしもの場合も安心して利用できますね。

技術的な公平審査を行うTST

技術的な公平審査を行うTST

こちらは、カジノゲームソフトなど技術面に対し公平な審査をおこなっている第三者機関です。

ほとんどのオンラインカジノが導入しているソフトは「プレイテック社のソフト」ですが、このソフトは全てTSTにより審査されています。

技術面で公平性がないと意味がないですからね。ちなみにプレイテック社のソフトは、NETTENT・マイクロゲーミングと並んで信頼性が高いと言われています。

サポート体制や実績・運用年数

サポート体制や実績・運用年数

海外で運営されているオンラインカジノですが、安全と言われるところはどこも「日本語に対応」しています。

チャットサポート・メールサポートもすべて日本語なので、日本人でも安心して遊べますね。この点は問い合わせるとすぐに判断できるので分かりやすいと思います。

あとは、いつから運営しているかも重要で、運営実績・年数が長いカジノほど、信頼できます。イカサマや不正、出金拒否があるオンラインカジノは短い期間でつぶれてしまうからです。

[box class=”blue_box”]例えば、ベラジョンカジノは2011年運営開始で8年以上の歴史、インターカジノは1996年運営開始で20年以上の歴史があります。[/box]

もちろん、2013年運営開始のビットカジノなど、歴史が短くても信頼できるオンラインカジノもありますよ。

安全なオンラインカジノ4選

安全なオンラインカジノ4選

ここで安全性が分かるように、信頼できるオンラインカジノを4つ紹介します。どのカジノも登録(無料)方法は簡単なので、すぐにプレイできます♪

ライセンス 特徴
ベラジョンカジノ マルタ政府 2011年に登場し既に運営実績は7年
ビットカジノ キュラソー政府 ビットコイン専用のカジノで2013年から運営
カジ旅 マルタ政府 優秀なプロダクトに贈られるプロダクトオブザイヤー2018も受賞
ワンダリーノ
※サービス終了
マルタ政府 携わる一流プログラマーがなど集結して、2015年にスウェーデンで誕生

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノ ベラジョンカジノ

[btn class=”rich_green”]>【公式】ベラジョンカジノ[/btn]

ここから登録すると$30獲得

ベラジョンカジノはマルタ政府からライセンス認証を受けて、2011年に登場し既に運営実績は7年!マルタ政府からのライセンスは特に信頼性が高いと評判です。

運営会社は、ライセンスと同じマルタ共和国にあるDumarca Gaming Ltd。そして、この会社の親会社は上場企業です。親会社がきちんとしている‥これだけで安心度2割増しですね!

 

ビットカジノ

ビットカジノ ビットカジノ

[btn class=”rich_yellow big”]【公式】ビットカジノはこちら[/btn]

日本初上陸!ビットコイン専用のカジノで2013年から運営されています。

キュラソー政府からのライセンス認証を受け、常に公平・公正に審査されています。また、第三者機関のTSTからも定期的にソフトウェアはチェックされているので安心です。

最も信頼度の高いオランダ領キュラソー政府のライセンスを取得しライセンス番号1668 /JAZのもと、安全、安心に遊べるカジノとして、多くのお客さまにご利用いただいております。

引用元:ビットカジノ | 会社概要

カジ旅

カジ旅 カジ旅

[btn class=”rich_green”]>【公式】カジ旅[/btn]

ここから登録すると$40獲得

こちらも、取得がかなり難しいと言われている、マルタ政府からのライセンスを受けています。

RPG型要素を備えた新世代のオンラインカジノとして人気があります。また、優秀なプロダクトに贈られるプロダクトオブザイヤー2018も受賞しました!実績がないと受賞できないですから、この点も十分に評価できる点ですね。

 

オンラインカジノの還元率は他のギャンブルよりも高い!

オンラインカジノの還元率は他のギャンブルよりも高い!

さて皆さん、オンラインカジノもギャンブルの一つですが‥還元率が他のギャンブルよりも高いという事実をご存知でしょうか?

還元率はペイアウト率とも言いますが、賭けた金額に対し(配当として)何%還元しているか?の数値のことです。

一般的に、(公平・公正に運営されている)オンラインカジノの還元率は「95~98%」と言われています。

  • 宝くじで50%
  • 競馬で25%
  • パチンコで10~15%

くらいなので、その差は歴然ですね!もちろん、毎回この%分勝つとは限りませんが‥

なぜこんなに高い還元率かというと、オンラインカジノは場代が不要です。

そして人件費も実店舗で出すよりはるかに少なくできます。いわゆる経費があまりかかっていないんですよね。

プレイヤーにとってこの還元率なのですから、カジノ側がイカサマ=不正などプレイヤーに不利な状況になるようなことはしていないという事が、この点からも知ることが出来ますね。

法律的な観点からオンラインカジノは安全?!捕まらない?

法律的な観点からオンラインカジノは安全?!捕まらない?

最後に、法律的な観点からオンラインカジノの安全性を考察していきます。

オンラインカジノは違法・合法…この議論は常にされていることです。

日本国内でギャンブルに関する法律・罪と言えば→賭博罪がありますが、オンラインカジノそのものを規制して言える法律は存在しません。しかも賭博罪は、日本国内でのみ適用されるものです。

[kanren postid=”2954″]

もし賭博罪を適用するならば、胴元とプレイヤー両方が逮捕されないとおかしいですよね。

海外で政府から正式にライセンスを受けたオンラインカジノを日本でプレイする‥ラスベガスに行ってカジノで遊ぶことと、何ら変わらないのではと思うわけです。

私は「違法に該当せず大丈夫」と思ってプレイしていますが、当然自己責任の上です。

【まとめ】オンラインカジノは安全?!危険性も知っておこう

オンラインカジノ×イカサマの観点から、記事を書きました。読み終わって、いかがでしょうか。

違法ではないものの合法ともされていないので、グレーゾーンではありますが‥安全と言われる紹介した4つのオンラインカジノであれば、まず問題ないでしょう。プレイする側もボーナスの高さだけで選ばないように気を付けましょうね。

安全性について情報収集を怠らず、しっかりと知識を持つことが大切だと思います。快適なカジノライフを送って下さい!